犬に保険は必要?ペット保険初心者が保険の必要性について解説

ワンコの保険
広告

うちは元気だからペット保険は大丈夫

愛犬が元気だから、とペット保険に入っていないあなた!

愛犬が思わぬ事故や病気にもしもなったとき、診療費や通院費用、手術などでかかる費用が高額になることを知っていますか?

万が一、病気や事故などで症状が重ければ、その治療費用は生涯つづいてしまう場合もあるんです。

この記事では、ペット保険の必要性とペット保険を検討する際に知っておきたいことをペット保険初心者の目線から解説していきたいと思います!

広告

ペット保険が必要な理由4つ

  • 愛犬には健康保険がない
  • 病院の治療費が高い
  • 治療の選択肢が増える
  • 安心して病院にかかれる

以上の理由をひとつずつ説明していきたいと思います。

ペットに医療制度がない

ペットには公的な医療制度がありません。

つまり、人でいう健康保険証がペットにはないということです。

人間には健康保険があるから医療費の種類に合わせた額を国が負担してくれますよね。


しかし、ペットには人のように医療制度がないため動物病院で治療や通院をした場合その費用は飼い主がぜんぶ自己負担することになります。

したがって、ペット保険は動物病院で支払う金額を負担してくれるため私たちと同じ健康保険の役割をしていることになります。

動物病院の負担額が高い

動物病院の治療費が病院によって差があることに疑問をもったことってないですか?

これは全ての動物病院が診療料金の基準を決めたり設定することが禁止されているからだそうです。

そのため動物病院はそれぞれが診療料金を定めておこなう自由診療」となっています。
なので、病院によっては高度な医療機器の導入や使っている薬などで各病院により診療費が異なっているということになります。

最新医療をそろえた病院は料金が高くなりがちですが、ペット保険に加入していると高額になる手術などの負担も軽減できます。

真白
真白

ペット保険に入っていれば診療費の負担も少なくてすみます!

治療法の選択が選べる

ペットたちも今や、ガン・心臓病、腎疾患など高度な医療を必要とする病気が増えています。

もちろん近年の獣医療は発展しているので、手術や薬などで治せる時代ですが入院や手術となると出費は大きく出てしまいます・・。

医療の整った病院で治療すれば治る可能性がある病気も、医療費がかかることで諦めてしまうことは飼い主としても残念で後悔が残ってしまうと思いませんか。最善の治療法が選択できるためにも、ペット保険の加入はぜひ検討しておいた方がいいと思います!

下記は、私が加入しているペット保険の高額支払いの事例です。


真白
真白

高くなる病気の治療費も安心して請求できますね。

万が一のときでも安心して病院に連れて行ける

「備えあればうれいなし」ということわざがありますが、まさにペット保険の準備があれば安心して病院に連れていくことができます。

例えば、ケガで病院に受診したときに他の病気が見つかったとすれば、それは病気の早期発見につながるかもしれません!

診察代が高くて「このくらい大丈夫」と放置していると愛犬にとって最悪な状態を招く場合もあります。

ペット保険の備えがあるといざ!というときでもお金の心配をせず病院へ飛んでいけます。

ペット保険に入る前に知っておきたいこと

私がペット保険に加入してみて、プラン補償内容のなかで「これは必要だったかな・・」など、振りかえりを含めてまとめてみました。

保険料負担の割合

保険会社が治療にかかる費用を負担する補償割合いは50〜100%の中から選べます。

この補償割合いとは、保険会社が治療費を負担してくれる金額の割合いのことをいいます。
補償割合いが大きければ支払われる金額も多くなり自己負担も少なくてすみます

例えば、10万円かかる手術費用を例にしてみますね。

      手術費用  補償の割合    支払われる保険額   自己負担額
           10万円30%3万円7万円
50%5万円5万円
70%7万円3万円
100%10万円0万円

上記のように、ペット保険が補償してくれる割合を100%で選択した場合自己負担額は0になりますが、支払う保険料は高くなります。

保険会社によっては30%と割合が低いものもあり、保険料が安くてお得に思えますが実際に支払う自己負担は大きいです。それでも保険料は抑えたい!という人は30〜50%を選ぶのも選択肢のひとつだと思います。

保険料は病院で支払う時のバランスと比較して検討してみてくださいね!

補償の割合は各保険の商品によって違うみたいなので補償範囲とのバランスをみて検討する方がいいでしょう。

補償範囲の内容

ペット保険は入院手術通院がポピュラーな補償範囲です。

ほとんどの保険会社が取り扱っていることが多い補償内容ですが、注意して確認してほしいのが通院補償なんですね。というのも、たいていの保険会社が補償しているのは入院と手術!

入院、手術がプラン外のペット保険はそうありませんし、ほとんどの保険会社がセットでついていることが多いです。しかし通院補償は通院補償プランとして別くくりしてある会社もあります。

ペットの治療継続のため通院する場合、通院補償はかかせませんよね。
また、ペット保険にはたくさんの特約補償がそろえてありますので、もしあなたが通院補償を重視したいと思ったらあらかじめセット内容に含まれているものの方がいいですね。

ペット保険を検討する際に、あなたがどの補償を充実したいかよく考え加入することをおすすめします!

免責金額の確認

真白
真白

ペット保険の中でも選択肢に悩ましいのが免責金額です。

免責金額は、かかった治療代に補償金額(50%・70%)をかけたものに対して設定された免責金額が引かれます。その引かれた金額を自己負担するということです。

説明ではわかりにくいので通院を3日した場合を例にしてみますね!

免責金額が1日5000の保険

補償割合70%

通院3日×免責金額5,000円=15,000

かかった診療費:免責金額(3日間)
26,000円  ー  15,000
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        
    11,000円 保険対象金額
この11,000円に、補償割合の70%をかけた7,700円が保険金として支払われます。
かかった診療費と保険金の分からトータルすると18,300円の自己負担となります。

免責金額なしの保険

補償割合70%

かかった診療費:免責金額(3日間)
26,000円  ー  
ーーーーーーーーーーーーーーーー
       ↓
    26,000円 保険対象金額
かかった診療費すべてが保険対象となるので26,000円に補償割合の70%をかけた18,200円が支払われます。免責金額が0なので7,800円の自己負担になります。

免責金額あり→18,300円
免責金額なし→7,800円

免責あり、なしでの自己負担の差額は10,500円となります。

免責金額をつけると診療費がほとんどかからなかった場合は保険金の支払いが少なかったりと、ちょっとしたケガや病気のとき気軽にペット保険を利用しずらいなどのデメリットもあります。


しかし高額な治療費の場合は、保険料を抑えつつも大きな病気やケガのときは手厚い補償がうけられるメリットもあるため、免責金額がついてるプランが一概にだめ?とはいい難いですね・・。

ペット保険が必要な理由|まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事では、ペット保険が必要な理由について解説してきました。

うちの愛犬はペット保険に加入してまる2年目経ちましたが、保険のお世話になる経験がないほど元気いっぱいに過ごしています。

しかしヤンチャなわんちゃんは事故や病気以外でも遊んでいるオモチャなどを飲み込んでしまったりと日常生活の中でも危険はいっぱいあります。
愛犬と安心して毎日を生活していけるように、ペット保険の需要はおおいにあると思います。

ペット保険ってやっぱり必要かな?と一度でも考えたことがあるなら愛犬のためにも、ぜひペット保険を検討してみてください。

真白
真白

ペット保険は愛犬のいまだけではなく、シニアになってもお世話になるはずです。ずーっと先まで考えたペット保険は必ず重宝します。

ワンコの保険
広告
シェアする
広告
わんのこブログ
タイトルとURLをコピーしました