犬にクランベリーは効果ある?愛犬の泌尿器を守ろう!クランベリー効果について詳しく解説!【ヤミークッキーレビュー付き】

犬と生活
広告

愛犬が尿路結石になっちゃった。
再発させたくないんだけどクランベリーは効果あるのかな?

愛犬が尿結石や膀胱炎にかかったあと再発防止を避けるためクランベリーやサプリメントなどを与えてみようと考える飼い主さんも多いのではないでしょうか?

実は、犬の尿路結石は一度完治しても繰り返し再発しやすい病気だと言われています。

犬の膀胱炎や尿路結石を再発させないためには毎日の食生活の中でクランベリーをプラスアルファしながら予防してあげることが重要です。


この記事では、犬の尿路疾患の予防や再発に効果的だと言われているクランベリーについて解説します。

愛犬のくり返す膀胱炎や尿路結石の再発に悩んでるあなたは、ぜひこの記事を参考にしてみてください!


広告

尿路結石の原因は偏った食事バランスのせい


結論からいうと、日頃与えている食べものを「過剰に取らせ過ぎていないか」などを見直す必要があります。


実は、愛犬に与えているドックフードやオヤツには尿結石の原因となるリンマグネシウムが多く含まれているんです。

例えば

結石をつくりやすい食べ物

・納豆

・わかめ

・煮干し

・レバー

・卵黄

このような食べ物は特に多いです。



真白
真白

納豆は匂いが独特だから、好きなわんちゃんも多いですよね!



上記の食べ物を絶対に与えたらダメというわけではなくこれらの食品にはリンマグネシウムが他のものより多く含まれているため与えすぎには注意しなければいけません。



というのは、主食となるフードにもリンマグネシウムは含まれているからです。

主食となるドックフードは犬に必要な栄養素が十分に入っているため、それ以外に与えてしまうオヤツやご褒美を習慣的に与えていれば、リンやマグネシウムを必要以上に摂取していることになります。




ご褒美のオヤツをあげる際は適度な量を考えて与えてあげましょう!




クランベリーにはどんな効果があるの?

前述したように犬は普段の食事以外にマグネシウムリンなどミネラルを多く含んだ食べ物を過剰に摂取することで尿酸のpHがアルカリ性へと傾いてしまいます。


犬の正常なpH値は6.2〜6.4前後で、やや酸性よりです。


犬のオシッコはpH値が高くなると細菌感染しやすくなる。
アルカリ性の尿では細菌を壊せない!



そこで、愛犬の偏った食事バランスで崩れたpHを正常に調整してくれるのがクランベリーの果実


クランベリーは愛犬のオシッコを正常にしてくれるのね!


では、さっそくクランベリーが持ってる2つの相乗効果を以下で解説したいと思います♪


1 クランベリーに含まれるキナ酸の効果


キナ酸は体内に吸収されると、馬尿酸という酸性物質に変換されます。


馬尿酸とは、馬などの草食動物から発見された酸性物質のことです



さらに、この馬尿酸によって感染の原因となるオシッコのpH健康なpH値(弱酸性)へ近づけてくれるんですよ。

馬尿酸ってほんとにすごい力を持っています・・。

2 プロアントシニアジンの抗酸化作用


プロアントシニアジンはポリフェノールの一種で酸化作用や抗菌作用を持つ成分です。


ポリフェノールを含む食物として代表的なのが

  • カカオ豆
  • りんご
  • お茶
  • ブルーベリー

などの植物性食品です。


このプロアントシニアジンの働きで、体内で発生した悪い活性酸素の働きを抑え生活習慣で起こりがちな心臓病や糖尿病を防げるといわれています。

活性酸素と抗酸化作用について

プロアントシニアジンはキナ酸との相乗効果によってさらに効果を高め、泌尿器の健康維持に期待できそうです。

プロアントシニアジンの抗酸化機能


またプロアントシニアジンには抗炎症作用や抗菌作用が働き、大腸菌の原因となる菌の付着も防いでくれます。

プロアントシニアジンは犬の歯周病や歯石の予防にも!



クランベリーは尿トラブルだけしか効果ないのかな?


プロアントシニアジには犬の口腔トラブル予防にも効果があります。


歯垢には食べかすを栄養とする細菌がウヨウヨ潜んでいて、油断してるとあっという間に歯石へと変化させてしまいます。


うちのコ、歯みがきって言葉だけで逃げちゃう。




そう!歯ブラシが嫌いなわんちゃんの歯磨きって毎日大変なんですよね(泣)。


しかし

食べかす(歯垢)歯石は放置してしまうと歯周病や口臭の原因になってしまいます



実は、プロアントシニアジンに含まれている強力な抗酸化作用で愛犬の歯周病や口臭予防にも効果を発揮してくれるんです。


歯磨きが苦手な愛犬でもクランベリーを毎日与えることで、歯周病や口臭の原因となる菌の繁殖を防いでくれます。

大きい声では言えませんが・・我が家の愛犬、じつは口臭も気になっていたのでかかりつけの獣医師に単刀直入で相談してみました↓



獣医師さんからのアドバイス!
  • クランベリーは歯周病予防や口臭の軽減に役立ちます。
  • 歯石の付着具合や歯肉炎がひどい場合はサプリメントでの改善は難しい。
  • 口腔内の状態によっては治療を優先、スケーリング等をしたうえでサプリメント予防が効果的。
  • クランベリーは有効な予防策!日頃の口腔ケアと併用することをおすすめ!




獣医さんいわく

クランベリーはわんちゃんの体に悪いものではないから利用してもらってOK
ただし、治療法ではないため口腔内の状態しだいでは必要な処置を受けてからのサプリメント予防に努めてください!


サプリメントで予防する対策のアドバイスでした!
参考までに♪

クランベリーを与える時のQ&A


Q
どんなわんちゃんにも与えていいの?
A

膀胱炎やストラバイト結石になるわんちゃんは尿がアルカリ性に傾くことで発症します。
クランベリーは尿を酸性(pHを上げる)にすることで改善しますが、シュウ酸カルシウム結石のわんちゃんに与えると症状が悪化する可能性があるため注意が必要です。

Q
人間用のサプリメントをあげてもいいのかな?
A

人間用のクランベリー加工品はNGです。
私たちが摂取するクランベリー食品には保存料や糖分が含まれています。
安全性を考えて与えるのであれば、犬用として販売されているものがおすすめです。

Q
結石ができていてもクランベリーを与えたらよくなる?
A

クランベリーはあくまでも予防するもので、現在発症している疾患によってはサプリメントで治癒することは難しいでしょう。
結石の状態によっては病院で適切な治療をした後、再発予防を目的とする範囲内で与えてください。


毎日続けやすいおすすめのクランベリーサプリ


犬のストラバイト結石や膀胱炎を予防するにはクランベリーのサプリメントがおすすめです!


愛犬の日常にクランベリーを取り入れていくことで愛犬のオシッコを正常なpH値に保ってくれます。

ちなみに我が家の愛犬が膀胱になったのをきっかけにクランベリー活を始めました。


実際に購入してみたクッキーと、個人的に良さそうとだと思ったサプリを紹介したいと思います!

犬用おやつ ヤミークッキー【クランベリー入り140g】





こちらのヤミークッキーは先日届きました♪

クランベリー入りクッキーは愛犬のゆずも初体験です!




クッキーの薄さに「これはどーやって食べるのか??」

と、食べ方にとまどってました(笑)




普通のクッキーより厚みがなくて1〜2mmくらいと、大きさ的には小型犬のお口サイズなんじゃないかなと?思います。




しかし、うちのゆずさんはプードルのなかでも小ぶりの方なので、一口でバリバリとはいけませんでした。噛むのに自信がないコには、手で割れる硬さなのでパキパキと割って食べさせてください!


さっそく飼い主も味見させてもらいました。

ポリポリ。

ん〜クッキー!原料におからが入っているからか素朴なクッキーの味がします。

もっと酸っぱめかと思ったけど強烈な酸味はないですね。

カシスも入ってるから何となく甘酸っぱい気もしました。

ふつーに出されたら人間でも1、2枚は平気で食べれそうな犬用のサプリクッキーです!



しかも、クッキーだけしか入っていないと思っていた箱の中に2つもオマケが付いててなんだか得した感じ♪


ひとつはドックフードのサンプルで、ラム肉とチキンが2種類ずつ入ってました!


メインのクッキーだけでも52枚入ってたんですけど、サンプルでも3枚いただき合計55枚のクッキーをゲットすることができました♪

おまけの理由はわからないけど初回限定なのかな?
ちなみに、うちのはAmazonで購入。


ヤミークッキーは、クッキーの細かいかけらでも歯垢を除去してくれるので、オヤツを食べながらも歯磨き効果が期待できそうですね!

ゆずの口臭、少しだけど臭わなくなってきたのは事実です。
これ、ほんとにおすすめかも・・



フードに少しずつトッピングしたい人は粉末タイプがおすすめ


毎日少しずつクランベリーをあげて効果を継続させたい!というあなたは、粉末タイプをおすすめします♪


いつものフードに混ぜて与えるだけで、愛犬のお腹を健康に維持してくれますよ!

愛犬の体質や疾患によって合う、合わないがありますので注意事項を確認してから検討してしてみてくださいね!


クランベリーパウダー100%

▲クランベリーをそのまま粉末にした100%素材のクランベリーです。

そのまま与えると酸っぱいので、フードにほんの少し混ぜるだけで十分ですよ!保存料を使用していないから、添加物が気になる人でも安心して与えられます。


クランベリー配合【いのちの酵素】


▲50種類もの酵素が入ってる生きたサプリメントです。

酵素は年齢とともに体内からつくり出す力が衰えていきます。「いのちの酵素」はクランベリーエキスをしっかり有効活用し、酵素の力でカバーします。


味や匂いがなくフードに混ぜてもクセがないのが特徴なので、フードの変化に敏感なわんちゃんも抵抗なく食べられます。

「いのちの酵素」も添加物を使ってないので安心です!

プラスアルファで予防してみて!



いつもの食生活にプラスするだけで予防できちゃうのね!

クランベリーは犬の膀胱炎や尿路結石を予防してくれるとても万能な果実です。

クランベリーのサプリメントやクランベリーが配合されているドックフードを利用することで愛犬の尿路下部を健康に保つことができます。

しかしサプリメントはあくまでも予防のためなので、治療を目的として考えないようにしましょう。

「クランベリーは日頃の食事にプラスアルファして与える」と捉えてくださいね。


真白
真白

普段からの食事バランスも大切ですよ


まとめ


さて、いかがだったでしょうか?

この記事では愛犬の尿路下部を健康に保つのに効果的だといわれるクランベリーについて解説しました。

犬は環境の変化やストレス、愛犬の遺伝要素、現在あげているフードやオヤツ、といった様々な要因がからみ合って起こることが多い病気です。

クランベリーは犬の泌尿器にとても優れた栄養素を持っていますので「うちのコは泌尿器に自信がないかなぁ」と思ってるあなたは、ぜひ一度愛犬にクランベリーを与えてみるのもいいかも!

泌尿器疾患の予防法で悩んでる愛犬に、クランベリーを試してみませんか?

犬と生活
広告
シェアする
広告
わんのこブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました